郷土ゆかりの作家

草野 唯雄(そうの ただお)

推理作家

大正4年(1915)大牟田市生まれ。

経歴・プロフィール

本名 荘野忠雄。 法政大学専門部中退後、明治鉱業勤務中に推理小説を書き始める。 昭和36年、本名で出した『報酬は一割』が「宝石」の第2回宝石賞佳作となり、「宝石増刊」に掲載される。翌年、草野唯雄のペンネームで発表した『交叉する線』が第1回宝石中篇賞を受賞した。さらに、三川中名義で『架空索道事件』を出し、小説サンデー毎日推理小説賞に佳作入選している。 昭和42年、『失われた街』が第13回江戸川乱歩賞候補作となり、翌年『大東京午前二時』として「推理界」に掲載。さらに、昭和44年に『見知らぬ顔の女』として改稿されている。 昭和43年『転石留まるを知らず』が第14回江戸川乱歩賞候補作となり、翌年『抹殺の意志』として刊行。また、その翌年には第23回日本推理作家協会賞の候補となる。 昭和44年から2年間、日本推理作家協会書記局長を務めた。 本格サスペンスを手がける作家として活躍。


所蔵作品リスト

作品名 出版社 出版年 備考
鳴き竜事件 河出書房新社 1972
爆殺予告 光文社 1973 サンケイノベルス
闇の臭跡 青樹社 1973
文豪捻挫す 光文社 1978
北の廃坑 青樹社 1979
明日しれぬ命 集英社 1981 集英社文庫
山口線“貴婦人号” 光文社 1981 カッパノベルス
女相続人 角川書店 1981 角川文庫
七人の軍隊 角川書店 1982 角川文庫
鳴き滝殺人事件 角川書店 1982 角川文庫
警視泥棒 角川書店 1983 角川文庫
抹殺の意志 角川書店 1983 角川文庫
喝采 光文社 1984 光文社文庫
もう一人の乗客 光文社 1984 光文社文庫
甦った脳髄 角川書店 1984 角川文庫
奥能登殺人遊戯 徳間書店 1984 徳間文庫
交叉する線 角川書店 1984 角川文庫
さらば空港(エアポート) 角川書店 1984 角川文庫
二人の追跡者 角川書店 1984 角川文庫
見知らぬ顔の女 角川書店 1984 角川文庫
追いつめられた女 徳間書店 1985 徳間文庫
解明旅行 光文社 1985 カッパノベルス・光文社文庫
死霊鉱山 光文社 1985 光文社文庫
火刑の女 光文社 1985 光文社文庫
人みな欲望を持つ 角川書店 1985 角川文庫
私が殺した女 徳間書店 1985 徳間文庫
私の中のあいつ 角川書店 1985 角川文庫
蔵王山荘連続殺人事件 角川書店 1986 角川文庫
伊豆半島殺人事件 光文社 1986 光文社文庫
博多長崎殺人行 角川書店 1986 カドカワノベルズ
殺人交響曲 角川書店 1987 角川文庫
瀬戸内海殺人事件 角川書店 1987 角川文庫
クルーザー殺人事件 角川書店 1987 角川文庫
殺意の焦点(フォーカス) 角川書店 1987 角川文庫
淫らな聖女 徳間書店 1987 徳間文庫
観音崎灯台不連続殺人事件 徳間書店 1988 トクマノベルズ
塩原殺人行 光文社 1988 光文社文庫
みなごろしの寺 双葉社 1988 双葉文庫
京都大文字送り火殺人事件 徳間書店 1988 徳間文庫
角川書店 1988 角川文庫
伊豆密会旅行殺人事件 徳間書店 1989 トクマノベルズ
越後恋歌殺人譜 徳間書店 1989 トクマノベルズ
女鑑識官 光文社 1989 光文社文庫
殺意の岐路 角川書店 1989 カドカワノベルズ
360時間の追跡 光文社 1989 カッパノベルズ
北リアス海岸殺人事件 光文社 1989 光文社文庫
法廷心中 双葉社 1989 双葉文庫
アイウエオ殺人事件 光文社 1990 光文社文庫
伊勢志摩殺人綺譚 徳間書店 1990 徳間文庫
三幕殺人事件 光文社 1990 カッパノベルス
丹後鳴き砂殺人事件 徳間書店 1990 トクマノベルズ
毒殺鑑識官 光文社 1990 光文社文庫
危うし女鑑識官 光文社 1991 光文社文庫
支笏湖殺人事件 徳間書店 1991 徳間文庫
電話メモ殺人事件 角川書店 1991 角川文庫
吉野隠国殺人事件 徳間書店 1991 トクマノベルズ
越後恋歌殺人譜 徳間書店 1991 徳間文庫
女葬列者 徳間書店 1992 トクマノベルズ
狙われた女鑑識官 光文社 1992 光文社文庫
鮮血海路 徳間書店 1993 トクマノベルズ
標的にされた男 光文社 1993 光文社文庫
伊豆密会殺人事件 徳間書店 1993 徳間文庫
恐山「黄金の国」殺人海峡 徳間書店 1994 トクマノベルズ・徳間文庫
鹿島臨海殺人悲曲 徳間書店 1994 トクマノベルズ
自首願望 光文社 1994 光文社文庫
紀ノ国殺人迷路 徳間書店 1995 トクマノベルズ
死体消失 光文社 1995 光文社文庫

故郷大牟田の思い出 (カルタックスおおむた開館10周年に寄せて)

大牟田市は私のふるさとです。

生れたのは三川町。祖母に縁側で遊ばせてもらった遠いまぼろしのような記憶が潜在していますが、これは後に父母から聞かされた話から刻み込まれた偽の記憶かもしれません。

二才か三才の頃、父の転勤で不知火町にひっ越したとき、父と共に人力車に乗せられ、恐くて泣きわめき、母の背に降ろされたのは確かな記憶として残っています。

不知火町では姉が入学した家政女子高の前の二階建の古い家で、その二階には盲目の琴の師匠が間借りしていた故で、子供の手習いで「六段」の曲をウロ覚えに弾いていたのを覚えています。

第七小学校の頃、担当の古賀という女の先生に手を持ち添えて習字の指導などを受け、はじめて異性としての感触を覚えたのも記憶の一つです。

夏は三池港の巨船が出入りする危険な水路などに海水浴に行ったりして、元気に遊び回る小学生でした。

家はその後、海岸に近い西浜田町に移転し、私も中学生となってよく遠浅の有明海の堤防に散歩に行きましたが、その堤防際に「遊廊」があって(今の若い人には想像もつかないでしょうが)、その建物の二階の窓から娼婦たちが、卑わいな冷やかしの言葉を投げかけていたものでした。

文筆への傾倒はまだありませんでしたが、友人の誘いで、"戦線"などの左翼誌を読み、家庭訪問の教師に見つかって停学処分を受けたこともありました。それを契機に左翼とは、縁を切り、もっぱら外国もののミステリーを読みふけるようになり、バスの中でウールリッチの"幻の女"に読みふけり我を忘れて終点まで乗り過した経験もあります。

その頃大牟田には太陽館、大天地などの映画館があり、弁士と楽隊つきの無声白黒映画を夢中で見物し、帰りには食堂でぜんざいなどを食べていました。

その後大東亜戦争で西浜田の家は強制そかいで取りこわされ、三池町にひっ越しました。

その後上京し会社員生活から作家に転身し、現在は川崎市の一隅に住居し、朝夕の散歩、読書、ぐうたら体操、テレビ、ビデオと悠々自適を真似た生活を送り、執筆はもうしていません。(むろん出版社の注文もありませんし)。時々 旧著の増刷などがあるくらいです。

そういう訳で、私の人生の一番懐かしい思い出は、あのチンチン電車の走っていた頃の大牟田に一杯つまっています。

炭鉱はなくなっても、大牟田市が福岡県の一雄都市として発展しつづけていくことを、市を愛される市民の皆さんが、しっかりふるさとを守って下さることを、心から念じてやみません。


(2001年5月  草野 唯雄)