郷土ゆかりの漫画家

古賀 新一(こが しんいち)

漫画家

昭和11年(1936)8月18日 大牟田市出身。

経歴・プロフィール

本名 古賀申策。 手塚治虫のSF漫画『ロストワールド』に憧れ漫画家を志す。 福岡市内の中学を卒業後、菓子製造会社などに住み込んで働き、独学で描いた。 21歳で上京。持ち込み作品『影なき犯人』が認められ、ひばり書房の貸本向け単行本「黒猫」(短編集)でデビューし、貸し本屋向けの漫画誌『怪談』などに恐怖ものを書き下ろし続けた。 以後、少女誌や少年誌に怪奇ものを発表し、このジャンルを代表する作家のひとりとなる。 初めての連載は『白ヘビ館』(昭和39年週刊マーガレット)。
ホラー映画や超能力などのオカルトブームを追い風に、黒魔術という暗黒面の要素を巧みに取り入れた『エコエコアザラク』を連載した。 これは、ホラー漫画としては異例の長期連載となり、大反響を巻き起こす。 1990年代にその人気が再燃。『エコエコアザラクⅡ』(平成4~10年)の連載が始まり、映画やテレビ化もされた。 また、『ザ・ホラー』平成元年8月号から『エコエコアザラク』の3作目が連載された。
一貫して怪奇ものを描き続けているが、独特のペンタッチと巧みな構成力・ストーリーの面白さもあって、30年以上も多くの読者に支持されている。
ペンネームは、本名の申策(しんさく)が作品の新作と間違いやすいので、編集担当者が名づけたという。


代表作品

  • 影なき殺人者
  • 黄金カプセル
  • 白へび館
  • エコエコアザラク
  • のろいの顔がチチチとまた呼ぶ
  • 悪霊きつね屋敷
  • 生血を吸う幼女
  • 女とかげ
  • まだらの毒ぐも
  • 恐怖の狼少女
  • 陰獣
  • 恐怖の大時計
  • 呪いのへび教室
  • 夜が恐い!
  • 私の肌に呪いの顔が
  • 恐怖!血の館

所蔵作品リスト

作品名 出版社 出版年 備考
妖虫 秋田書店 1975
エコエコアザラク 全19巻 秋田書店 1976~ 駛馬地区公民館所蔵
魔女黒井ミサ 全2巻 秋田書店 1982
呪われた吸血少女 全2巻 秋田書店 1986
血みどのろの虫屋敷 秋田書店 1987
闇の死人学園 秋田書店 1988
恐怖のからくり人形 1 秋田書店 1989
復讐鬼いけにえ少女 秋田書店 1989
魔女の館 全2巻 秋田書店 1992
エコエコアザラクⅡ 全6巻 秋田書店 1993~1998
学校の怪談 1 コミック版 秋田書店 1994
エコエコアザラク全10巻 角川書店 1998~1999 文庫版
魔女蜘蛛 角川書店 1999